日本でチップ制を導入したらどうなるかを考える京都出身の中坊進二

New Item NameNew Item NameNew Item NameNew Item NameNew Item NameNew Item Name


日本に無く、海外で当たり前な文化のひとつがチップです。
食事を運んできたウェイターやウェイトレスに対して、
その食事の料金とは別にチップを払います。
そして、この額は決まっていません。
そのサービスの満足度に対してチップを払います。
満足すれば多く払い、良くなかったら少なく払う、というものです。
京都出身の中坊進二は海外旅行に行ったことがないので、
このチップをいつだれにどのタイミングで渡せばいいのか見当も付きません。

今、アメリカやイギリスではこのチップを無くす動きがあります。
いくつかの店舗が自主的に、チップを貰う事をやめたそうです。
理由はいくつかありますが、
もしかしたらチップを支払う文化のない国に対しての配慮かもしれませんね。
ただし、今回チップを廃止した店舗は、スタッフの時給が高いところです。
物価は日本と全く異なりますが、時給1700円もします。
確かにコレだけ高ければチップなど不要と言いたくなりますね。
京都出身の中坊進二の学生時代の賃金は4桁いったことありませんよ。

仮に日本でチップ制を導入したらどうなるのでしょうか。
スタッフもやる気を見せてくれるのでしょうか。
それ以前に、京都出身の中坊進二
店員の接客態度に不満を抱いたことはほとんどありません。
日本でチップ制が流行らないのは、
100点満点の最高のサービスをするのは当たり前だから、と言われています。
チップ制を導入しても、みなさん誰に対しても最高額を支払うかもしれませんね。

ちなみにチップの額はその商品に対して15~20%くらいです。
日本でチップ制を導入したら、
外食料金の値段が20%アップするということだから・・・
京都出身の中坊進二はもうお外で食事が出来なくなるかもしれませんね。
それともちゃんと最初から20%安くなるのでしょうか。
やはり日本でチップ制を導入するのは難しそうです。